2013年06月03日

仕事を探す

我が家では、ぼちぼち私が働かなくてはいけない雰囲気がムンムンです。

2008年6月にうつ病を発症してから、働くという事から随分と遠ざかっていました。
今は殆ど元気で日常生活に何の問題もなく過ごしていますが、
いざ、仕事を探そうと思うと、
仕事に行かなきゃいけないのに行けなくなってしまったあの時の、
あのしんどい心の状態に戻りそうで正直怖いです。
仕事を辞めてからのブランクや年齢を考えても
今の私に一体何が出来るのだろうと不安になります。
職場の人達の足を引っ張りやしないかとか、そんなマイナスイメージしか浮かばないのです。
でも、そんな事を言ってたら前に進めないので
半ば強引に決めていかなきゃね。

で、この事を友人と言っていいのかよく分からない人に話してしまった。
まぁ、人は誰でもそう思うのかもしれないけれど
その人には、私が働きたくなくて言い訳しているように聞こえたようです。
働かなきゃいけない状況なら、四の五の言わずに働けよ!この甘ったれが!!と思ったのでしょう。
直接的にそんな風には言わなかったけど
そういう意味だと思われるような事を遠回しに言われました。

あなたは図星をついてやったぜとほくそ笑んでるかもしれないけど
そうじゃないんだと。
ただ、自力で超えなきゃならない不安と恐怖心があるんだと。
それをこぼしただけなんだと。
でも、この人にはそんなこと言っても伝わらないだろうと思い、口をつぐみました。

でも本当は、できれば
「あなたなら大丈夫だよ!」と背中を押して欲しかったのかも。
こんな時は、そうしてもらえると気持ちはとても楽になるだろう。
でも、それを求めてしまうのは図々しかった。
っていうか、
だからこの人は、私の中で友人と言っていいか分からない人なのかもしれない。

13:08 | コメント(2) | ツブヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。