2013年08月17日

チビたち

尾腐れ病のピン子は塩水病棟に移してから一週間で治り、火鉢に戻しました。
と同時に、もう一匹に尾腐れ疑惑があったので、そいつも隔離し塩水病棟で一週間治療の後
火鉢に戻す事ができました。

稚魚はというと、大人メダカと同じ火鉢の中で、
無事、元気に少しずつ大きくなっています。



大人メダカはヒメダカというオレンジ色のメダカなんですが、
どうやらこの子は、白いメダカのようです。
彼らヒメダカの子供ではなく、水草購入時に根に卵が着いていたのでしょう。
光が当たると、白くキラキラ光って直ぐに見つけられる。
なんだか太ったシラスみたいです。



そして、実は、
白チビを発見してから随分後に気付いたのですが、
火鉢の中にもう一匹稚魚がいたのです。
この子は、おそらくヒメダカの赤ちゃん。
薄っすらオレンジ色です。



この子は、うんと小さいうちは隔離していたのですが
今は大人メダカと白チビと一緒に暮らしています。

09:44 | コメント(3) | ツブヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。